« 組みあわせパズル感覚でPlaggerプログラミング | メイン | Plaggerのインストール迷宮を攻略しよう »

OpenLaszlo Rails Pluginのappletスクリプトに手こずる

  はてなブックマークに追加 このエントリを livedoor クリップへ追加

OpenLaszloRuby on Railsの夢の協演をためしてみました。


OpenLaszlo Rails PluginでOpenLaszloとRuby on Railsが夢の協演?」で、なんとかOpenLaszlo Rails Pluginをインストールでき、前座が終了、いよいよ本公演といきたいところなのですが。。。


以下で、実際に行った作業を紹介していきます。

(0)データベースの準備

  Webアプリケーションで利用するデータベースを作成します。
  今回は、以前に作ったtestデータベースを利用することにします。
  データベース作成の詳しい手順は「pgAdminIIIでpostgreSQLを操作する」を参照してください。

(1)radRailsで「laszloRails」とプロジェクトを作成する
  
  Files->New->Rails Projectを選択して、Ruby on Railsのプロジェクトを新規に作成します。
  Poroject NameにlaszloRailsを設定して、Finishをクッリクしてください。


(2)データベース接続の設定を行う

  database.ymlを選択して、データベース接続の設定をする。
  adapter: postgresql
  database: test
  username: データベースを作成したときに指定したユーザ名
  password: あらかじめ設定したパスワード
  host: localhost

  

(3)OpenLaszlo Rails Pluginをインストールする

  Rails Pluginsタブを選び、選んだタブの中の左側に表示されているリストのなかから
  openlaszloを選択して「Go」をクッリクします。


(4)RESTコントローラを作成する[Controller]

  openLaszloで作成したクライアントアプリケーションとデータベースとの通信はRESTを介して行うため、
  RESTを利用するためのコントローラを生成します。


  Generatorsタブで左のフォームに「rest_controller
  右のフォームに「Item」と入力して、「Go」をクッリクします。


  ここで、REST Controllerの中身と動作を確認しておきましょう。

  (中身の確認)
  app->controller->item_controller.rbを表示します。
  次のようなコードが表示されると思います。
  OpenLaszloとRESTの文字が確認できます。


    class ItemController < ApplicationController
      # The following line defines methods that implement the OpenLaszlo
      # REST API.
      #
      # To replace this file with a file that contains explicit method
      # definitions, execute:
      # script/generate rest_scaffold item
      rest_scaffold :item
    end

   

  (動作の確認)
  ServersタブでServerを起動します。
  http://localhost:port/itemへアクセスすると、データベースに格納されている
  データがXML形式で表示されます。

  うまく表示できれば、RESTコントローラーが正常に動作しています。

  (注)
  portには、サーバを起動するときに設定したポート番号を指定してください。

  (参考)
  データベースのレコードに対してCRUD(Create, Read,Update and Delete)が
  どのように実装されているかを確認するためには、
  vender->plugins->openlaszlo->generators->rest_scaffold->templates->
                 rest_scaffold_generators.rbを参照してください。


(5)がうまくいっていません。情報をお持ちのかた、ご教授ほどよろしくお願いいたします。
(5)OpenLaszloのインターフェースを作成する[View]

  appletスクリプトを実行します。
  Generatorタブで左のフォームにapplet、右のフォームに(コントローラ名) (アプレット名)を入力して
  「Go」をクッリクします。

  (注)
  (コントローラ名)と(アプレット名)の間にはスペースがひとつ入ります。
  

  実行すると次の2つのファイルが生成されます(そのはずなんですが、うまくいっていません)。

    app/applets/contacts/(コントローラ名).lzx
    app/views/contacts/(アプレット).rhtml


(4)までで、すでにRESTでデータベースにアクセスできる仕組みが手に入りました。したがって、Railsから離れてOpenLaszloでViewを作りこんでしまっても問題ありません。というか、それが本道だと思います。

でも、どうせならappletも利用したいと思うのは、私だけでしょうか(笑)。

Ads BOARD








最近のエントリーとその関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kazuhiro.ty.land.to/blog/mt-tb.cgi/86

  Map