« Amazon E-Commerce Service(ECS) Ruby編 | メイン | 「PlotKit」でグラフを描こう »

「Gruff」 with Rubyでスタイリッシュなグラフを描こう

  はてなブックマークに追加 このエントリを livedoor クリップへ追加

Rubyをつかって、スタイリッシュなグラフを描く方法を紹介します。


グラフを描くためのライブラリを探してみると、いくつかの面白そうなライブラリが見つかります。
今回はそのようなライブラリのなかから「Gruff」というライブラリをつかって、グラフを描く方法を紹介したいと思います。


このライブラリを選んだ理由は、次の2点です。

  「グラフが美しい」 (サンプルは、こちらのサイトで確認できます。)
  「コーディングがシンプル

まずは、インストール方法を紹介します。

インストールは、以下の手順で行います。

(1)「ImageMagick」をインストールする
(2)「RMagick」をインストールする
(3)「Gruff」のインストールする


順を追って説明します。


(1)「ImageMagick」をインストールする

  「ImageMagick」のサイトから、
  必要なバイナリまたはソースコードをダウンロードして、インストールします。

  (注)Windowsプラットフォームで利用する方は、(2)からスタートして下さい。


(2)「RMagick」をインストールする

  RubyForgeの「Rmagick」のプロジェクトサイトから、「RMagick」をダウンロードしてインストールします。

  
  (Windowsプラットフォームで利用する方)
  
    「rmagick-win32」のダウンロードしてください。
    現時点での最新バージョンは「RMagick-1.14.1_IM-6.3.0-7-Q8.zip」です。

    ダウンロードしたファイルを解凍すると、利用できる「ImageMagick」が含まれています。
    最初に、「ImageMagick」をインストールしてください。
    インストールは、exeファイルを実行することでできます。

    次に、「RMagick」をインストールします。コマンドプロンプトから行います。
    コマンドプロンプトを起動したら、解凍してできたディレクトリに移動します。
    そこで、次のコマンドを実行してください。

      gem install rmagick --local


(3)「Gruff」のインストールする

  次のコマンドを実行することで、インストールを行います。

    gem install gruff


以上でインストールは終了です。


それでは、早速グラフを描いてみましょう。

Gruff Graphs for Ruby」で紹介されている「Code Sample」を打ち込んでプログラムを実行してみます。


------------------- ここから
require 'rubygems'
require 'gruff'

g = Gruff::Line.new
g.title = "My Graph"

g.data("Apples", [1, 2, 3, 4, 4, 3])
g.data("Oranges", [4, 8, 7, 9, 8, 9])
g.data("Watermelon", [2, 3, 1, 5, 6, 8])
g.data("Peaches", [9, 9, 10, 8, 7, 9])

g.labels = {0 => '2003', 2 => '2004', 4 => '2005'}

g.write('my_fruity_graph.png')
------------------- ここまで


プログラムを実行すると、実行ディレクトリに「my_fruity_graph.png」という画像ファイルが生成されます。その画像ファイルを開いて、「美しいグラフ」が描かれていることを確認します。


「Code Sample」では、線グラフが出力されました。

その他の形式のグラフは「Documentation」を参考にしてください。




Ads BOARD








最近のエントリーとその関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kazuhiro.ty.land.to/blog/mt-tb.cgi/119

  Map